2017/03/24

夏に向けての3月


今年に入ってからというもの、流れのままにという日々。
進んだり、何も進まなかったり、全く違ったり、そのままだったり。
なんだか色んな事が同時進行でパラレルワールドを行ったり来たりしているようにさえ思えてしまう。
気がつくともう40歳という節目があと1年後にやってくるのに、
所在のない場所にいるようで、
ずっと40代をどう過ごすのかを悩んでいたときに、
先日とある方がすっと答えを言ってくださった。
探しものが見つかったように違和感なくすーっと力が抜けました。

このところ、本当にありがたい機会をたくさん頂いて、大事にしたいなといつも思う。
シンプルに、シンプルなタイミングでちゃんとその気持ちは伝えたい。
今年はそういう1年にしたいと思っています。



3月の2度目の福岡遠征。
10代の頃からお世話になっているレコーディングスタジオと、かれこれ20年来の付き合いのエンジニアさんお二方に、今回もお世話になりました。
レコーディングスタジオのはしご!

10代の小生意気な私からは想像もつかないくらい今は随分大人になったけれど、時を経てきた声をこのスタジオで残せてよかったなとも思っています。

お手製マイクと共にスタジオにあったドラムセットがピカピカに磨かれていて、とても感動した。






お昼は、お野菜の味がちゃんとする体に優しいパスタ、夜は近くで担々麺。
ハニカミながらも女三人でなんだか最近の事話もして、
夏に向けて色々と進めています。
みわこちゃんは話をしていると、格言みたいな言葉がぽんぽん出てきてなんかすごい境地にいるし、ひろみちゃんは寡黙だけど常識的な思慮深さと観察力あって鋭い視点をいつも提示してくれる。
ふたりともほんとにすごい。そしてとっても優しい。
私はふたりに届けたくて音を奏でているのかもしれないと、時々思うことがある。


miu mauのあたらしいEP「記憶とヒロイン」
SLK SCREENのリミックスも収録されていますが、
今作名作だと思ってます。
CD盤ももうすぐリリースです。





http://twin-ships.com/?p=360

2017/03/09

なまえのないひとりたび



熊本→福岡→松山と、駆け抜ける1週間。
会場に遊びにきてくださった皆様、お世話になった方々、
本当にありがとうございました。



私の帰省を考慮してくださって急遽決まったNAVAROでのライブ。
急だったにも関わらず、たくさんのお客さんが来てくださったのは、主催してくださったドイサイエンスや、演者のみなさまが熊本の方々に愛されてるからだなぁとしみじみと。色んなタイミングが重なってとても良い雰囲気のイベントでした。
そもそも、フロアライブでステージが寂しいからと、田尻さんが持ち込んだ、トルソーと、不思議な植物のライトのディスプレイがもう色々と楽しすぎるし、演者が別の演者の曲を歌いあうというBTBのようなライブが続いて最高でした。大人の心意気。
私の音楽が始まった場所は熊本、当時は未熟でとても生意気だったけれど、
今回のライブで私の音楽人生がアップデートされたような気がします。
次は、6/10(水)miu mauでまたNAVAROへ参ります。
福岡にて、ミウマウリハーサル強化2デイズを経て、松山へ。



mineoくん企画の、古川麦さん海景トリオの三つの海景ツアー、松山編。
お邪魔するのは2度目のリコスイーツさん。今回もとても優しく迎えてくださって、
体に優しくとっても美味しくて本当に素敵なお店。
リコスイーツさんの空気につつまれて海景トリオ、本当に素晴らしかったです。
水が跳ねるような躍動感と、大陸をつなぐ海の広大さ、景色の音像を感じました。
とても優しくて力強かった。
アンコールではmineo君も一緒に、宮沢賢治さんの「星めぐりのうた」の演奏に参加させていただきました。とっても素敵な機会をいただいてありがとうございました。
松山の方々、ほんとに優しい方ばかり。海景トリオの松山公演に、私もご一緒させていただいて光栄でした。





今月はmiu mauでもう一度福岡へ。
miu mau、3人揃うと絶対的な安心感あって、のんびりながらもこの3人で10年続けてこれて良かったなーと最近いつも思います。いつも泣けちゃう。


毎日反省と学びの繰り返しで、いつまでたっても育たない部分に辟易としてしまうけれど、音楽が鳴っていれば幸せ。
そう思える毎日が愛おしい。


ミウマウの新しいEP。
4/22(土)の下北沢Threeにていよいよお披露目いたします。