2017/10/04

秋の月夜に




いい天気の今夜は十五夜。10月を迎えたばかりだけれどひんやりと夜風も冷たく、気分はもうすっかり年末感。ファンファーレも無事に終わり、久しぶりにライブもお休みの一ヶ月。去年の秋から今年にかけて、ミウマウとmasami takashimaのライブが良いペースで続き、移動も多かったし、個人的な事もぎゅうぎゅうに重なり濃密な日々だったけれど、日々反省と挑戦の繰り返しで駆け抜けました。また来年に向けて少しずつ整える1ヶ月。良き出会いに恵まれ、とてもありがたいことに9年ぶりにミウマウのアルバムをリリースさせていただいたし、力をかしてくださった方々のおかげでミウマウ女3人で多くの場所で演奏させていただいて本当に嬉しかった。最近はライブの余韻を感じながら、色んな世代の対バンの方と打ち上げで情報交換したりしながら教えてもらった音楽を、探して聴くのがもっぱらの楽しみ。
※ミウマウのツアー(ファンファーレ)についてはここに書いています。



少し前までクオリティーを求めながら、出来ないことも多いけれどやりたい事を表現する事が重要だったので、「聴いて欲しい」という気持ちがとても強かった。近年は心情が変化してきて「やりたいこと」だけじゃなく「誰か」のために音楽を作ったり、リクエストにリンクし応えながら制作を重ね、作品を作る面白さや喜びを得させてもらっている。それはありがたい事だと思っている。作品に関わってくださる方が多くなってきて、音楽を作るということに限らずちゃんと整えるというのはすごく重要になってきた。
「届けていくこと」が今の大きな課題のひとつ。当たり前の事だけれど伝えないと伝わらない。普段ぼーっとしているから説明もとても足りてないこと多々あるけれど、モットーは「熱いハートと冷たい脳」。
もっと柔らかく生きたいなぁ。
これは40代を迎える準備と人としての課題。









さて、未来へ向けて、先日、1曲ですがレコーディングしました。
cowbellsのmineo君。去年9月のmasami takashimaレコ発ワンマン以来、多くの場所でライブで一緒に演奏していただくようになって1年近く。多彩でとてもセンスの良いミュージシャン。私も教えていただく事ばかりで視野が広がりました。
mineoくんとの演奏スタイルでの録音もとてもいい感じに仕上がっています。今回もスペシャリストKC君に大変お世話になりました!!
記念撮影すればよかったと、後から思い返し、唯一撮っていたスタジオのモニター越しにボーカルブースで歌っているmineoさん。
帰宅前に、五味さんのkore karaにお邪魔して(めちゃくちゃ美味しかった) 思いがけずTHROAT RECORDS五味さんや、AYNIW TEPOのメンバーさんにも会えて嬉しかった。奈良に行くとちゃんと奈良の音楽が身近にあっていいなぁと思う。
スーパー苦手な運転をmineoくんに全面的に頼りまくってごめんなさい!!
お披露目はまだまだまだまだ先ですが、良いお知らせできるように整えていきたいと思います。













今年最後のライブはsolo set。
Nozomi Nobodyさんのリリース四国ツアー初日!Nozomiさんと再び共演できて嬉しい!


11/23 (木・祝)高松TOONICE

18:00 / 18:30
1500yen / 2000yen (+1DRINK ORDER)

・Nozomi Nobody
・cowbells
・matou.
・Intelesting Results
・Masami Takashima (solo set)






▶チケットのご予約フォーム
http://twin-ships.com/?page_id=447


▶ライブ、制作のご依頼、お問い合わせ先
http://twin-ships.com/?page_id=16

▶オンラインストア
http://twin-ships.com/store/