2017/07/20

Drawing Release




9年ぶりとなるmiu mauの新しいアルバム[Drawing]の発売が今日からスタートしました。
夕方、高松のタワーレコードさんへ立ち寄ると、ミウマウの新作が並んでいて、発売日を迎えることができ、なんだかほっとした。
お店の方にご挨拶をして、アイスを買って帰宅。珈琲でひっそりと乾杯。
新作を気にかけていただいた皆様、本当にありがとうございます。



今回のアルバムについて少し。
遡ると去年夏。ミウマウ強化週間を設けたっぷりスタジオでリハーサルしたのがちょうど1年前の7月だったと思います。少しの間活動をお休みしていた後だったこともあって、再始動にあたりこれまでのミウマウの雰囲気から表情を少し変えて曲を仕上げたかった。みわこちゃんのタイトなビート、ひろみちゃんのギターがぐわーと鳴る曲をと制作したのが「少ない記憶」そして「色を纏う」でした。歌詞では頭を悩ませたけれど、後日、岩谷君と奈良でレコーディングし仕上がった2曲。SLK SCREENのRemixも一緒に君島さんにマスタリングしていただき、今春リリースしたのが、新しいEP「記憶とヒロイン」です。

そしてこのEPをディレクターの神保さんが聴いてくださったことがきっかけでアルバムの発売が急遽決まりました。本当に思いがけない事だったけれど、EPのリリースツアーと並行しながら、すうっと流れるままにとても自然に今日まで進んできたと思います。バタバタしながらも楽しかった。changmangさんの素敵なイラストのジャケットもいい感じでとても気に入っています。


2011年にリリースした「未来のクラシック」〜  2017年の大人の小躍りがテーマで山中さんい録音していただいた新曲「見知らぬ場所で」。この数年の間に、デジタル配信や人生で初めてのアナログ盤7インチレコード等、様々なリリースがあったけれど、アルバムだけの、またシングルだけのバージョンも楽しんでいただきたくて、「Monochrome」は 英詩+日本語 → 全て日本語詞のアルバムバージョンとして収録しました。



改めて聴いてみると、とってもポップ。
反省と研究を積みながらも歳を重ねるっていい!
あ、これは、個人的な感想ですね。


色んな方のアイデアがこの作品の随所に散りばめられています。
このアルバムを通して日常のどこかに音楽で寄り添うことができたらとてもとても幸せです。



【追伸】
ばたばたと準備を進めたにも関わらず、快くあれこれ引き受けてくださった、エンジニアの岩谷さん、石橋さん、山中さん、maruokaさん、イラストを描いてくださったchangmangさん。お力添えに心から感謝申し上げます。