2014/06/30

夜の10時。文字に溺れる時間と決めている。






FANTASYのあと。
重なる事象。
これから数日は本に溺れます。


また、明日。



2014/06/24

初収穫



朝日も西日も入るとても日当りの良い家に住んでいる。
日当りさいこーな冬は問題ないのだけど、夏にこの利便性を活かせないかしら、と思いつつ、何年も夏が通り過ぎてきた。この悔しさを晴らすためなのか、時が熟したのか、念願の緑のカーテンに初挑戦した。義父母に頂いたきゅうり、ゴーヤ、トマトの苗を、ベランダに設置した。噂には聞いていたけれど、成長が早くて、子供の成長を見守るがごとく、毎日の水やりが楽しくてたまらない。蜂やてんとう虫の力を借りて、1ヶ月も経たぬうちに、きゅうりはどんどん育ち、今日は初収穫。はあ、なんて美味しいの。私はデパートまで徒歩5分という立地で育った街っ子なので、30を過ぎてからというもの、どんどんこういう生活への憧れが増してる。採れたての野菜を食べることができる幸せ。
これ以上の贅沢は無い。本当にそう思ってる。

もうすぐ作った自家製味噌も解禁します。







2014/06/09

2014/06/05

小豆島のすもも






最近、近所のスーパーが今までみかけなかった野菜を並べるようになった。とても嬉しい。同じ野菜ばかりでは飽きる。都会ではビーガンカフェが流行っているようだけど、最近は、フルーツを好んで良く食べるようになった。これが大人の幕開け(中年)というやつか。柑橘類など好んで食べる母親を思い出した。小豆島のすもも。近くでとれたフルーツがスーパーに並ぶ幸せ。穏やかな島の気候に似て優しい味だった。


気がつくと、この2ヶ月ほど部屋にはいつも花がある。ありがたいことに全部頂き物。新緑が愛おしくてたまらん。ベランダで小さな菜園を始めた。蔓がくるんとまきつく生命力を目の当たりするととても愛おしい。早くも黄色い花が咲いた。間引きのタイミングあまり分からないけど、こんなに緑に惹かれるようになったのは、実家からすぐの川沿いの公園が今はただの堤防になってしまったことがひとつずつの要因かもしれない。とても美しい場所だったんだけどなぁ。









四国も九州も梅雨入り。
こんな日はトッド。









M