2014/05/29

頂き物に歓喜!



ものすごいタイミングでジョンマスのケアアイテムいただいたり、
私の好みを知っているかのごとくかわいいアクセサリーだったり、
美味しくて大好きなお菓子や、びっくりするくらい立派なお花が届いたり、
みなさまからの頂き物で生きています。
耳のボタンはmiu mauの梶原嬢の手作り。
さすが私の好みをわかっていらっしゃる。
頂き物に歓喜!












秋にむけて少しずつ少しずつ。
力を借りながら、不要なものは捨てながら、
できないことはできないと言える強さを持てる人になりたい。









M





2014/05/26

CLUB MONOCHROME



先日行われたCLUB MONOCHROME。UNDER SEA RECORDSのDJ O-ta氏と、歴代の様々なダークな曲たちがどのくらいヒリヒリしているかを検証するイベント。告知するのをすっかり忘れていたけれど、私もミュージックセレクターとして参加させていただいた。このイベント想像以上に楽しかった。簡単に言うと、トークの下手な音楽好きの二人が、ざっくりした暗い印象の曲たちがどのくらい暗いか、という部分をとても前向きに検証するという内容のラジオ番組のようなもの。「暗い」といっても捉え方は様々で、ヒリヒリするポイントもまったくと言っても過言ではないほどに異なる。私などは心がもやもやしている時に前向きな曲を聞いたところでますます荒んでいくばかりで、暗いイメージの曲ほど心が晴れていくもので。どんな所がヒリヒリしたのかという解説なども交え、オータさんがかけてくれたmiu mauのモノクロームを皮切りに3時間ほどかけてBTB的に、将棋の対局のようなスタイルでイベントは進む。私の1曲目はニールヤングのアフターザゴールドラッシュ。ニールヤングのギターの音も凄いんだけど、この曲のピアノと、ニールヤングの声にいつも震えてしまう。私に寄り添ってくれる曲の代表曲。そういえば、福岡で見たコンサートでもピアノを弾いて唄ってた。時間が深まるほどにお互いにどんどん選ぶ曲もディープになって、オータさんの選曲はほとんど初めて聴く曲ばかりでめちゃくちゃ勉強になった。振り返ると、曲でちゃんと会話していてとても面白かった。もうちょっと時を経てまたやりたい。それまでにはレコードに針を置くのがもう少しうまくなっていることでしょう。とてもいい夜でした。



終演後、オータさんからNite Jewelのオムニバス7インチを頂いた。
ありがとうオータさん。そしていつも協力してくれるALIGHTのOkaさんにも大感謝。














C





2014/05/13

古本と90's




最近は本ばかり読んでるので、そういえば、この数ヶ月出かける場所といえば本屋ばかり。新刊、古本問わず読んでいる。本屋はワンダーランド。なんて素敵な場所なのでしょう。頭の中をすっきりさせたい時は文字に依存。アイデアが浮ぶのは写真。これまでに何度か書いたことがあるけれどmiu mauの曲を作る時にはファッション誌から影響を受ける事も多い。コーディネート特集!とか、モテファッション特集!とか、そういう特集を組まないファッション誌を中心に読んでるんだけど、最近の90’s流行っぷりが凄い。ファッションも音楽も「90's」が戻ってきてる。でも、少し違和感を感じていて。。。。90年代がリアル10代だった私。私を育てた時代とも言える。確実にそういうテイストの面白さを知っているからこそ、「また同じ事繰り返すのかしら????」と戸惑い。とまどい。ああ、なんてあまのじゃくな私。やっぱり、やっぱり音楽もファッションもカルチャーも60'sが一番すき!











2014/05/08

空を歩く。



私の住んでる高松市には高いビルが少ないので、空がとても広い。この数日天気もいいので空の青がすごく心地よい。先日立て続けに見たジャン・ポール・ベルモンド主演のドタバタ映画みたいに青くて青い空。スタントマン無しの熱演っぷりにベルモンドすげー!って思っていたら、つい昨日、東京では空中ファッションショーが行われたらしい。すっっっっごい。
http://www.fashion-press.net/news/10919










いつの間にか高いところが苦手になってしまった私。6階以上の所に住んだ事ないし、東京タワーにはのぼったけど、エレベーターはあまりの恐怖に目をつぶってたし、53階にある森美術館で開催されていたアンディーウォーホル展も結局のところ行けなかったし。スカイツリーはかなりハードル高い。でも、不思議な事に、飛行機から見る地上はまったく怖くない。そして、一度でいいので、スカイダイビングをやってみたい。きっと見える世界が変るんじゃないかなって期待してる。空を歩いてみたい。














2014/05/06

白い約束








世間はGW真っ只中。蚊帳の外の私。有名店のうどん屋以外に入場待ちなんて考えられない香川県で待ち時間80分という尋常じゃない人気っぷりのサザエさん展、数々の音楽イベント、ドイツの写真家の企画展、ずっと行きたかった神戸。なにひとつかなわなかった私のGW。そんな中唯一おじゃまできたのは「白い部屋」で開催されたPop Up Store「白い約束」。昨年ファッションショーの音楽を担当させていただいた、ALIGHTのオーナー兼デザイナーのOkaさんが13時〜20時の間、ミシンひとつで即興で服を作るという新しい試み。私は終了間近にお邪魔したんだけど、7時間で3着という快挙というか偉業!どばーっと色んなもの飛び出してる感じでした。Okaさん、おつかれさまでした。モデルさんは昨年のショーでも活躍されていたとても美しい目をした方。最近、年下の女性や女の子が素敵な子たちばかりで色んな刺激を頂く事が多い。お弟子さんのエリカちゃんの刺繍も素敵だった。写真多め。白黒。白い約束の模様はALIGHTのブログにて目撃セヨ。



















古い映画を見ているような、そんな時間だった。






白シャツとは珍しい。
デザイナーOkaさん。





カメラの向こうに実はカメラを向けた私。








M