2010/03/29

くらいうた

最近、マイナーコードしか使わないくらいのがうたいたい。
シンプルなのがいい。


7th floorでのライブ、ありがとうございました。
珍しく緊張したけれど、とっても意味のあるライブになった。
くらいうたがとっても評判がよかったのでびっくりしてます。
記憶に残るライブ。次にすすめそうです。
写真はtokyo pinsalocksのヒサヨちゃんとレイコちゃん。
ライブ会場に遊びにきてくれましたー。

 
100327_2100~0001.jpg


会いたい人に会えたり、会えなかったり、
なんだかバタバタしてましたけれど、
充実の東京遠征でした。
よし、私がんばるー。

高松でもアコースティックピアノを使ってライブしてみたいなー。
っていうか、ミウマウのライブがしたいー。


CC

2010/03/23

刺激的な日々

twitterにも書いたけれど、
ここ数日の徒然。


■バレエ
バレエを盛り込んだストレッチ教室を体験見学。美女、あやの先生。物腰の柔らかい指導に引き寄せられてむちゃくちゃ爽快。体の鍛錬は確実に心を刺激するということを再認識。


■恵介でお寿司を堪能。
おいしい魚をいただくと、これで当分がんばれるーっモチベーションも上がる。お店のみなさんもとっても温かいし、大好物のウニをたくさん食べたし、幸せ~!次回はぼたん海老食べる!

 
■Return to the Groove-VOL.9
21日はいろいろイベントがたくさんあって迷ったんだけど、行ってきました。楽しかったー。体が揺れて音楽を浴びる。イワキさんな感じでみなさんディープ。楽しすぎて体力の限界が早い段階でやってきて途中でリタイア。ダメな私。
 

■PHOTO-MIX
FANTASYでも体感していただいた写真+映像+音楽のリアルミックス。FANTASYの時とは趣旨がちょっと違うけど、鮮度アップで面白かったです。鮮度って大事だよね。10時間!みなさま、お疲れ様です。この耐久レース後のGABOMI ちゃんの変化も楽しみ。



というわけで、昨日22日から配布している「GIRLS+NOIZE」。
ありがたいことに早速うれしいお言葉いただいてます。
今回は「読む」ではなく「見る」を楽しむスタイル。
毎号視点を変えてお届けする予定です。
ちなみにデザインはGIRLFRIENDRECORDさんです。
高松以外の配布も少しずつ始まっているので、詳しくはtwitter でご確認ください。
それから、GNを置いてくださるショップなども募集中です。
部数限定での特典付録DVDは、YOUTUBEでもご覧いただけます。
今回の対談ゲスト、GABOMIちゃんの写真で構成されたGABOMIちゃんの作品です。





刺激的な日々を送らせてもらってます。
この感じは週末のライブで消化する予定。
ぜひぜひ。ご来場お待ちしてます。


CC


----------------------------------------------------------------

▼3/27(SAT)
"addected poets"
  @渋谷 7th floor
  18:00/18:30 
 ¥2,500( ¥3,000) 1DRINK ORDER
  [LIVE]coet cocoeh/イーヨwith石橋英子・山本達久/木村華子/矢野絢子

2010/03/17

ココエ創刊 GIRLS+NOIZE




GIRLS+NOIZE no.1
ガールズプラスノイズ 第1号
2010年3月発行

編集長
 COET COCOEH
Photo
 GABOMI+CC+GIRLFRIENDRECORD
編集/発行
 GIRLFRIENDRECORD



デジタル化する現代。
敢えてフリーペーパーにしました。
とは言いません。

手にとる行為がとっても自然に思えただけです。
雑貨や本などと出会った時のような、街で友達と偶然会ったような
そんな感覚で読んでもらえたらとっても嬉しく思います。



記念すべき第一号は香川を中心に活躍中のフォトグラファーGABOMIちゃんとの対談(前編)も掲載しています。ガボミちゃんはココエの2009年のアー写、ジャケ写を撮影してくれた女子。こちらにきて最初に私から声をかけた唯一の人。しかも、部数限定で、ココエ×ガボミのコラボ作品「かかとのデザイン」のDVDがついてきます。ガボミちゃんの撮影した写真が映像となったもので、まさにガールズノイズな作品となっています。


GNのtwitter
http://twitter.com/GIRLS_NOIZE


3月22日より配布します!
どこかで出会えることを楽しみにしています。



CC



2010/03/16

もうすぐ1年

高松に引っ越してもうすぐ1年。
早いなーと感じつつも、全力で頑張ってきたので、
小さくても結果が残せたことがまずは第一歩かなと思ってます。
でも、まだまだやれてないことが本当にたくさんあるので
ひとつひとつ取り組んでいこうと思ってます。
高松で仲良くしてくださるたくさんの方に、
九州や、東京など全国で私のことを気にかけてくださるたくさんの方に、感謝です!!!!


14日、BLENDのイベントに参加してきました。
2009の秋冬のコレクションの時にもゲストで呼んでいただいたけれど、
今回もとっても楽しかったです。


BLEND de l'artの星川社長のblogに写真がたくさんアップされてるので、
良かったら覗いてみてください。
しかし、星川社長は私よりも年下だけど、
ビジョンが明確なのでほんとにいつもすごいなーと思います。
http://people.zozo.jp/satoshihoshikawa/diary


BLEND de L'artのみなさま、会場のヌクのみなさま、
ありがとうございました。


さてさて、私もがんばるぞー。
というわけで、発表が遅くなりましたが、
ココエ創刊の読み物、GIRLS+NOIZE(ガールズ+ノイズ)
3月22日より配布いたします。

詳しくは明日発表しますので、
お楽しみにー。



2010/03/11

モダンカントリーココエ

100310_1513~0001.jpg

今日は良い天気だ。
我が家にも春が到来してる。
桃の花を見ると黒澤映画の「夢」をいつも思い出します。


週末のライブに向けて追い込み。
そういえば、ピアノココエとしての高松でのライブは初めてだね。
久しぶりに緑のかわいこちゃんを連れて行く予定。
重いんだけど。


18時からイベントは始まって、私のライブは20時半~。
ライブまでの時間はカフェタイム+コスメやネイル、
デザインなどのワークショップもあるらしいの。
テーマはモダンカントリーだそうです。
malicebirjii Ikarosとかぴったりだね。
ココエも原点に返ったライブでゆったり、うたを中心にお届けします。


せっかくなので、
ややこしいのですけれど、表記の違いで表現方法が変わるのです。
覚えてくださるととっても嬉しいです。
COET COCOEHはココエと読みます。

コエココエでもなく、コエットココエでもなく「ココエ」です。


■coet cocoeh=小文字
 ココエの原点、NO FASHION

■COET COCOEH=大文字
 ココエの現在、ネクスト


よし、追い込み、追い込み。



CC


----------------------------------------------------------------------


▼3/14 (sun)
"renioun du BLEND -2010 s/s collection [modern country]-"
  @高松 温ク抜ク
  cafe time 18:00~
  live time 20:30~
  show time 21:00~
  ¥2,000

[guest]
LIVE:coet cocoeh
DJ:HARADA,GIRLFRIEND_REC

[booth(work shop)]
FASHION: ROCK STEADY , Luxe by il ya l'chi 
DESIGN:objet de l'art
GOODS:jouez de l'art
NAIL&SKIN:cachette de l'art
MAKE:objet de l'art
HAIR:leger de l'art


[ticket shop]
温ク抜ク:http://blog.livedoor.jp/nuku2008/
ルビー商会:http://blog.livedoor.jp/rubiy/
jouez de l'art:http://jouez-blog.jugem.jp/




▼3/27(SAT)
"addected poets"
  @渋谷 7th floor
  18:00/18:30 
 ¥2,500( ¥3,000) 1DRINK ORDER
  [LIVE]coet cocoeh/イーヨwith石橋英子・山本達久/木村華子/矢野絢子

2010/03/09

やさいをたべる

先週に続き、昨日も大量に無農薬のお野菜をいただき、
ココエ家はもっぱら野菜メニューが続く日々。
おいしい野菜で生きてます。
保存方法など勉強中。
食べれなかった大根が食べれるようになったことはかなりの進歩であります。


そういえば、以前書いてた料理ブログ『おいしい日常』の写真が見れなくなってます。
多分インポートの方法が間違っていたと思われる。
あーもうおばか。


CC

2010/03/04

阿蘇にいきたい

贅沢を言うならば美しく生きたい。
自然の恵みを受けた健康な野菜を食べて、
太陽が眩しすぎてみえないくらいに自分の中の丸くてキラキラ光ったところに向かっていきたい。
でも、美しいって怖いのです。
だから生きていけるのかもしれない。



時々思うのだけど、
何かに影響されずに生きるってとっても難しい。



阿蘇山にいきたい。
ひろーいところに行きたい。
星がばーって見えてどーんって広がるところにいきたい。



CC