2007/08/25

耳の奥で音が聞こえる

もう3年くらいになるだろうか。狭い室内で週3~4、4時間とかスタジオに入ったりしていた頃、右耳に激しい耳鳴り。数日で治るだろうと放っておいたが一向に治らない。耳鼻科で調べてもらったところ、全体的に一般的な聴力は優れているが、1000kHzの部分だけ、ずいぶん聞こえていないとのこと。要するに1000kHzの部分が激しく耳鳴りしているということだ。音で言えば甲高い声(笑い声)キンキンした工事の音、シンバルやスネアの高めの音、ギターやベースなどの歪んだ音の高音。など、いわゆる「ハイ」と言われる音域だ。耳鼻科の先生がおっしゃるには人間の耳が一番敏感に感じる音域で「耳が痛い」と強く感じる周波数なんだそう。音をたくさん聞く人はまずこの1000kHzを最初にダメにするらしいのである。それ以来、私はずっと右耳の耳鳴りと共存の日々である。治る気配なし。

耳鳴りが続くと話し声などが聞こえにくくなる。よく「え?」とか「んん?」とか聞き返している自分にはっとする。もしかして大きな声で喋ってる???



耳鳴りを得て、私は音の聞き分けが敏感になった。どんな音が鳴っているのかどんな音がどこから聞こえているのか以前よりも聞こえるようになったので、レコーディングや、私自身の音作りにはとっても嬉しい悲鳴である。でも、でもだ。敏感になって気付いたことがある。音が大きいって苦しいのだ。だからギターの音やドラムの金物(シンバルとかを叩く音)がバカでかいライブにはなかなか足が向かない。せっかくいいライブでも音が大きすぎるだけで絶えられなくなってしまう。耳栓なるものを使用することもしばしばあるが、耳栓をしていても耳への影響は大きい。よくよく考えてみたら、私は大きい音には慣れていたはずだ。吹奏楽で部活を6年、その間にもスタジオに入ったり、高校3年生からはずっとライブ三昧。毎日のように大きい音を聞いてきたはずだ。でも、慣れは関係ない。どんなに慣れていても「大きすぎる音」は耳を劈くような痛みがある。「度が過ぎる」日本語ってよくできてる。ということは慣れていない人が大きい音を聞くとどれだけ苦痛を伴うんだろうと思うと震えてしまう。どんなにいい音楽でも「音が大きい」の理由でライブに足を運べなくなるのは悲しい。音楽人としてやはりたくさんの人に聞いて欲しいというのはずっと変わらない願望。確かに大きい音を出すには理由があるのは分かる。だったらせっかくのいい音をもっといい環境で聞ける状況を望んじゃだめ?それは私のワガママ?エゴ?私の中で繰り返される質疑応答。私のエゴを主張してもそれはなんてことないただの自己顕示欲。主張主張主張の繰り返しは大きい音と同じだね。

自戒を込めて。