2006/12/17

縁と円

懇意にさせてもらっているサロンがある。夫がたまたま見つけたお店で、えらく気に入ったらしく、私にも行ってみたら?と勧めるので当時引っ越したばかりだった私は新しいサロンへ行くという冒険をした。シャンプー後のヘッドマッサージや手作りオーガニックお菓子とコーヒーを出してくれるという手の届くサロンで、素敵な女性が店長。性格もはっきりした方で、流行のスタイルも個性的なスタイルも旬の匂いにも敏感。サロンやエステではこういう静かな気持ちになれる場所についつい向いてしまうのである。ライブにも足を運んでくださったり、気に入ってCDをお店で流してくれたり。しかも家までご近所。「これも何かのご縁」縁というものを強く感じてしまった。



縁とは不思議なものだ。以前は親しくしていてもどちらかが急に忙しくなったりするとぷっつり切れてしまうこともある。逆に、社交場でのつながりだったものが、ふとしたきっかけで家々を行き来する仲にまで進展する。何事もタイミングなんだろうけどその時々の個々の心情が周辺の変化につながるのかもしれない。縁なんてものは存在するはずがないと思っていたのはもうちょっと若い頃。物事を曲がって捉えてしまうのは若さの象徴なのかもしれない。そういえば、一度「友達は自分を写す鏡です。」と言われたことがある。そんなわけないと思っていたが、今はそうかも?と思ってしまう。縁とは不思議なものだ。



円のように過去も未来も現在も繋がっているというのは宗教的な見解から言うと「輪廻」というそうだが、私は輪廻と言う言葉の意味を手塚治虫の「ブッダ」で知った。点と点を繋げていくと線になり、線は弧を描いたり形を作り出したりする。点は人で、線は縁で円になる。あと少しで2007年がやってくる。 新しい線を繋げて。

2006/08/27

哲学

新世紀エヴァンゲリオン。10年前に大流行したご存知の90年代を代表するアニメ。当時学生だった私達世代には好きな人がかなり多かった。あまりに流行っていたし、やたらと「見たほうがいいよ」と勧められたのだが、あまのじゃくだった私は絶対見らん!と断固拒否、時を逃した私は28歳になってようやくテレビアニメ版を、みた。なるほどー。噂通りの展開で結局続きをどんどん見てしまった。人気が出るはずだ。最終話「世界の中心でアイを叫んだけもの」で哲学的な終わりを遂げる。ストーリーの最終回としてはなんだかなぁという結論だが、結局「問いかけられている」のだというメッセージに気付く。ココはどこ?私はだれ?ソフィーの世界、ニーチェ、武者小路実篤、ヘッセ、谷川俊太郎、トルストイ、手塚治虫、宇宙論、心の中に誰しもが持つ哲学が浮き彫りになる。書物を読んで私は私自身を上の方から眺めていくつかの私を見ている。そこには嬉しいとか哀しいとかモクテキとか成功とか挫折とか生きるとか勝つとか負けるとか勢いとか足踏みとか欲とか色んなものに支配されている私がいる。私自身が生み出す哲学によって守られている私が見える。哲学とはなんだ?自分の中に譲らない領域を持つこと。だと私は思う。



まったくもって余談だが、

今回鑑賞したテレビアニメ版は放映中のテレビをリアルタイムで録画したビデオを見たので、CMも途中で入ってくるのだが、これが普通に面白かった。とんがりコーンのCMに出演しているイチロー選手の初々しいことといったら!懐かしいCMなどもあり、2倍楽しめたのである。

2006/06/28

小豆島の醤油

小学1年生の冬、私は腎臓病を患い50日ほど入院した。激しい痛みと一人病院で眠る寂しさに耐える日々だった。窓からは通っていた小学校の校庭が見える近所の大きい病院の小児科だったので、学校も恋しかった。院内には学校のような勉強する部屋があり、そこで色んな学年の子供達と勉強したりもした。毎週木曜日朝6時の採血がいやだったこと、同じ病室の子達と看護婦さんごっこなどをして遊んでいたことを覚えている。(主任さんの採血は痛くなかったなぁ)無事に50日で退院したが、小学3年生になるまでは体育も全部見学。今思えば、私がこんなに体に対し気を使うようになった理由は病気をした経験があるからなのだと思う。



私の両親は私の病気をきっかけに食生活の大改革をした。もともと病気の原因は不明。アレルギーではないか?という診断だったらしく、退院してからは処方された薬も全て処分し(本当はイケナイことなんだろうけど)肉を食べることを一切止め、魚や野菜、玄米、無添加の食品や調味料で食卓を彩った。給食以外でハンバーグやカレーなどを食べる機会がなく「お母さん、ごちそう(ハンバーグだのステーキだの)が食べたい・・・」と言っていたらしい。今でこそ健康ブームで玄米や、オーガニック、アルカリ水などは常識の一部だが、20年前だ。無添加食品や調味料を調達するのに遠くまで足を運んだりしてくれていた。レシピなどももちろんなく、好き嫌いの多い私にもおいしく食べれるように工夫してくれてた。おかげですっかり体は浄化され、18歳頃に再発するだろうといわれたこの病気も完治した。丈夫な体にしてくれた両親には本当に感謝が絶えないのである。



先日、小豆島の醤油を頂いた。
瓶に入ったこの醤油を舐めて、小さい頃から慣れ親しんだ無添加の醤油の味を思い出した。
濃くがあってなめらかでおいしい。純粋な醤油の味がした。
こころの中にある故郷の香りがした。

2006/05/03

風をあつめて

近所には川が流れ、桜や銀杏の木が季節を彩る緑豊かな街中のオアシスからぐんと隣りが密接した都会の内部へ引っ越をした。そう、最近のことだ。

まだ桜が残る肌寒い頃で、新しく自転車を買ったり、部屋を片付けたり、地理的な無知感も感じつつ、心も体もなんとなく気ぜわしく過ごしていたので、まったく気付く余地さえ無かったのだが、少しゆとりが芽生えたここ数日何かが足りないとふと思った。あ、「風」だ。



土地には土地特有の風が吹いている。長く住んでいた場所は川風の吹くところで毎日が同じ、少しだけ湿った肌を刺すような風を浴びて生きてきた。太陽の光を浴びることと同じように、私はいつも風に吹かれていたように思う。こんなに「風」が私に浸透していたなんて!驚いているのは紛れの無い事実。

風はいろんなものを運んでくる。生きるための栄養や衝動を掴むタイミング、時には不必要なものまである。確かに密接した都会にも風が吹く。生ぬるい執拗な湿気はあまりない。海風はたくましくも、ビル風は吹き抜ける。強すぎる突風さえも。都会の風当たりは強い。心を映写しているかのようにあの川風を思い出した。私も風になりたい。



風をあつめて。

はっびぃえんどの名曲だが、私の歌には風やら空やら星やら大きいものを連想させる言葉を使うことが多いのには理由がある。

晴れた日には、阿蘇という巨大な山のいただきがくっきりと見える街で育ったこと。それは限りある自然と接する機会が随分多く自然の美しさをいつの間にか知ることのできる環境であったこと。そして手にすることのできない心の中にある大きな存在をいつも近くに感じていたいということ。比喩的な表現を用いているがいつも心の中を豊かな視野で捉えていたい、捉えて欲しいという願いでもある。少しでもいいから環境のことを気にして欲しいという隠れたメッセージもある。自戒を込めてである。出来ることから始めたい。いつまでも変わらない風を鳴らして。

2006/03/28

言葉で残すもの

19歳の私は、何かが足りないと嘆いている。

21歳の私は、たおやかでありたいと切望している。

24歳の私は、まばたきの暇はないと急いでいる。

27歳の私は、何も急ぐことはないと未来を見据えている。


10代の頃から自分の感情を言葉にして、文章に書き下ろすという作業を繰り返している。

はじめは自分に宛てる手紙を書いてるような、ノートにただ羅列しているだけのような。
今は、消化した言葉で公開、ネット上に。
文章にすることで自分の中で感情の距離を測ってきたのだと思う。
今でこそ、すこしずつコントロールできるようになってきたものの、
10代、20代前半の頃は、誰にも言えない醜い部分をこうやって文章に書き下ろしてきたのだ。
言葉という簡単で、でもなかなか届かない手段を使って、私は私を残す。
そもそも私は残すという作業が好きなのかもしれない。
音にしたり、歌詞にしたり、唄にしたり、文章にしたり。
自分という存在が見えなくなる前に残したい。そんな自我に今でも支配されているのかもしれない。
次のステージへ。次へ、行く大事な一歩はこれから踏みしめる。
私はこれから何を残していくのだろう。
自我だけでなく、人として出来るもっと優しいことを残したい。



言葉で残すもの。
今を、これからに繋がる架け橋を。

2006/02/23

音響の光

真っ暗な中に不思議な形の建築物。

その不思議な形の建築物の表面には青っぽい光が点や線で流れる。止まる。そしてまた光が走り出す。

まるで未来映画をみてるみたい。

中に入ってみると意外と狭くていわゆるノイズ音やらのポストテクノがいたるところから聞こえてきて、光と同じようにリズムが動く。要するに音に反応して光が動いているのだ。

たまたま入ってきた中年男性と小学生くらいの男の子。男性はこの良く分からない建築物を不思議そうに眺め、男の子は「面白いからまだいる~」と帰るのを拒んでいる。建築物にもたれかかってもいいように、座り心地のよい厚めのクッションを渡され、私は座って眺める。



山口情報芸術センターでつい先日まで開催されていたカールステン・ニコライによるシンクロンを見に行ってきた。このシンクロンはサウンド&レコーディング・マガジンの表紙にもなってた作品である。音響、実験系では有名な方で坂本龍一氏の世界ツアーにもコラボしているのだそう。福岡からだと1時間ほどで行ける距離なのでこれを逃してなるものかー。とオノ・ヨーコ展の屈辱も晴らすべく勇んで出掛けたのはいいけど、雨だし、体調は最悪だし、でも今日しかダメだし、みたいな、ひどい状態。そういう日もあるよね。

新幹線で東京方面へ上り、新山口駅で下車。新山口駅から山口駅まで発色の強い黄色い一両編成快速でゴトゴトと進む。途中言葉がどばーと浮かんで来て、懸命に書き留めたけど、あれどこにやったかなあ。

山口駅を降りると、初めて来た場所に一瞬戸惑ってしまう。のんびりしている。車も少ない。この土地のどこにあるんだろうとタクシーに飛び乗り数分。隣接するテレビ局と変形屋根の現代設計の建物。そこだけどこかからはめ込んだような違和感でまたもや一瞬戸惑ってしまうが、中に入ると、逆に落ち着いてきた。センター内は白くて広い空間もあって、図書館も併設している。(この図書館が大きいといったら!)老若男女が利用しているらしく、人の数も多かった。この建物が生活に違和感もなく密着している姿がとても良かった。シンクロンは入場無料ということもあり、シンクロンの中には10代後半女子2人やカフェランチの後(予想)の主婦2人、実は遠くからこのシンクロンを見に来ているであろう(これも予想)、テクノ好きな学生、など、色んな人がこのシンクロンに触れていて、東京などの大都市ではあまり感じない芸術との密接度を強く感じたのだった。素敵だね。



近くには中原中也記念館などもあったらしいのだが、いや、今日は無理。ゴメンナサイ。また行きます。

2006/01/31

考えを止めない

寝る前の読書は毒を持っている。

「寝る」ということを前提に全てが動いてしまうので、私の場合就寝前というのはとにかく思考回路がフリーになる。あっちにいったりこっちにいったり、思考は翼を持って飛んだり跳ねたり。一箇所に定まらないのである。そんな状態で読書をしていると文章に集中する傍ら頭の端っこで別のことを考えてしまう瞬間がある。それは、単語だったり、はっとする表現だったりきっかけはさまざまであるのだけど、集中することから離れる一瞬にとんでもない発想が生まれ、これが私の創作意欲に刺激するのだ。

要するに「毒」である。

例えば、歌詞やら、将来への展望やら、リズムやら、あらゆることにその毒は発展していく。連続して発展する場合と途切れ途切れで止まってしまう場合と一瞬で産み落としてしまう場合と3種類のパターンがある。一瞬で産み落としてしまう場合の高鳴る感じはそれはそれは美しいものでなんとも例えようの無い新しい感情でいっぱいになり、満足感やら悦やらが私の中を占領するのだ。逆に、連続して発展する場合と途切れ途切れで止まってしまう場合。これはなかなかややこしい。連続の繰り返しで一向に前が見えなくなることもあるし、途切れ途切れで繋がらないときもある。こんなとき私はいつも「考えることを止めない」ようにしている。意図的に止めない。これが重要になってくる。考えることに集中すらできなくては私は何も生まれないし、選べないと思っている。それは表現の場に限らず生活の一部であってもそうだ。己に対すること、社会、情報、人と接する場でも「考えることを止めない」は活きてくる。



止めない。

考える。

続ける。

みつける。

考えをみつめる。

「考えをやめない」



自分の頭で考え、自分の心で答えを。