2005/12/12

占いを気にして

流行に流されているわけではないが、近年、過敏に反応してしまうことがある。
そう、「占い」である。

雑誌、新聞、テレビとこの世の中は占いだらけの時代である。
ネット等の占いサイトの数の多さには驚愕することも多く、これだけの占いがあるんだから需要と供給、人々の関心がいかに占いに向いているかということは事実として受け止めつつも、運命なんて信じない!!と10代の頃から突っ張って無頓着であった。まあ、マイウェイなので、自己過信が過ぎていたという逆説もあったりするが、どうしてこうも変わってしまうものかと自分でも呆れるほどである。

実は、もともと亡き祖父は占い師で、占いという存在がとても近いものであった。
祖父母の家に遊びに行くと、占いをする道具があり、触ったり遊んだりするとよく怒られたものだ。昔の人には珍しく身長が180センチほどある上に厳格な祖父だったので、怖かったイメージもあるが、孫娘の私には優しかった。熊本のテレビ局で、占い番組のレギュラーだったりしたらしい。占いのお客さんも我が家にいらしていた記憶もある。小学生の頃に我が家にあった「占い」と書いた看板を男の子に冷やかされたこともある。祖父が占い師という背景が占いという存在の重度を弱めていたのかもしれない。反骨精神なのか自立心なのか、単なる自己過信なのか。
そんな祖父を父に持つ私の父(占い師ではない)が命名した「匡未」は画数などにこだわってつけてくれた私の宝である。まっすぐ未来を匡して(正して)生きていけるようにという意味が込められている。私は自分の名前が大好きで、この名前のおかげで私はいつも未来を見据えて生きているように思う。
そう、これが、占いに過敏に反応してしまう理由なのである。

押し迫ってきたこの時分、来年のこと、未来のことに思いは膨らむ。
雑誌やら本やら占いのページも細かく目を通している。
頼っているわけではなく、どうなのか知っておくことは大事だと思うのである。
その中には「受け入れるということ」の深い深い意味がある。

もうすぐ、祖父の命日がやってくる。
そして、2006年もやってくる。