2004/11/27

心の奥に潜めて

こんなことを考えた。

深緑の木々が高く深く生い茂り、透き通った朝露の雫が葉っぱの間からポトリと落ちています。穏やかなみずうみの畔に2羽の白鳥がたたずんでいます。

若くて透けるほど真っ白な白鳥は言いました。
「昨日森の中でカラスを見たわ。なんて素敵な黒い羽なんだろう。私には真っ白の羽しかないわ。お母さん、私はカラスにのようになりたいの。私は真っ白の体を持った白鳥だけどカラスは真っ黒で強くて勇ましいわ。だからこの白い羽の一部を海で黒くして勇ましくなりたいの。」

物静かで体は純白に光っているようにも見えるおかあさん白鳥は言いました。
「白鳥には白鳥の良さがあるのよ。勇ましさは黒い姿だから美しく映えるのではなくて、カラスは勇ましい心を持っているのよ。黒い羽を持つ鳥としてカラスは生命を授かったの。カラスの運命を誇りに思いずっと美しい黒のままであり続けるために、その思いを心の奥に潜めて勇ましく生きているのよ。決して白い羽を欲しがったりしない。白鳥にはこんなに素敵な英知に満ちた白い羽があるのよ。自分のを磨きたいという心がけは立派なことよ。でも立派な白鳥になりたかったらもっと白くなれるように努力しなさい。そうすれば世界中の鳥たちのなかで一番美しい立派な鳥になれるのよ。」

「でも、新しい白鳥が生まれてもいいと思うの。白い羽と黒い羽のふたつを持った新しい白鳥よ。そしたらうんと目立つでしょ。世界で一番になれるわ。」

「自分にないものを欲しがっても一番になれないわ。新しい鳥というのは最初からそういう運命を背負って生まれるものよ。ないものねだりは汚いわ。あなたは自分の白い羽に自信がないのよ。だから黒い羽を得たいだけよ。白鳥が黒い羽を持ったら白鳥ではなくなるわ。ないものを補うではなく自分の範囲の中で新しさをみつけて立派な白鳥になるのよ。そうすることで、白鳥もカラスもお互いを照らしながら美しく生きていけるのよ。ないものねだりは汚いわ。」

2004/11/24

高速道路につかまれ映画!

映画を見る機会が近頃度々あった。
私は私用で高速バスに乗る事が多いのだが、車に全く酔わない体質なので車内では絶好の映画鑑賞(サービスでビデオの放映がついている)タイムとなる。割と東宝ものばかりが中心に放映されるのだがたまに違うものもあったりして実はこっそりと楽しみにしているのである。歌詞の内容から想像されるのでしょうか、「映画とか好きですか?」と声をかけられるが、実は人並み以下であまり映画は見ていないのだ。最新映画を映画館に見に行ったのは小学校の時の「もっとあぶない刑事」と中学の時の「紅の豚」くらいかも? しかも私の部屋にはテレビがなく、近くにレンタルできるお店もなく、たまに趣味で買った映画のDVDをパソコンで見るくらいにしか映画には触れておらず、2000円でどっちにするかと聞かれると映画館に行くよりはライブにお金を使いたいタイプの人間である。いやいや、興味がないわけではなく、お金と時間に支配されているという単純な理由だったりもする。そんな私だからこの映画鑑賞タイムはプレゼントのような、宝くじに当たったような(まあはずれも多いけど)ものなのだ。ルパン三世はほぼ全部見たし、私の好きな浅田次郎の超代表作「鉄道員」もみたし、金城武の「リターナー」(最後の飛行機が宇宙船に化けるところはおもわず声が出そうになった。)他にも色々見たけどもうさすがに覚えておらず、バスってふしぎな乗り物で、丁度高速道路を走り出して少したったくらいからなんだか異常に眠くなってくる。特に眠くないときでも眠くなるので気付いたら寝ちゃってたりするのでもったいないこともあるが、高速バス万歳だ。最近では静かで人間的な描写と映像の切り口が面白かった「ワンダフルライフ」がすごく印象に残る映画であった。一番好きな映画は何度も言うが「BULLITT」で、「マグノリア」や「エルトポ」は衝撃的だった。よく考えてみると、印象に強く残っている映画ってたくさんある。「フレンチコネクション」ゲンズブールの「ジュテーム」「バクダットカフェ」黒澤明の「夢」「ブエナビスタソシアルクラブ」などなど。記憶力に乏しいのであとからまた色々と思い出すのだろうけど、映画ってさまざまな感情が生まれてくるので本当に面白い。どこから私の音楽が生まれるか分からないし、こうやって日々色んなところに目を向けていたいものだ。ちょっとした機会あって先週劇場で「コラテラル」をみた。「ラストサムライ」のごとく肩に力の入る映像だったが、王道でそれなりに楽しめた。でも高速バスで放映されるのを待っても良かったなー。なんて。みなさんはどんな映画が好きですか?