2004/03/14

斜陽

気品高い女性の生き様に10代の私はひどく感嘆したのを覚えている。
太宰治の書物の中で私が一番好きなのが「斜陽」である。
このところの記録的な大雪で青森の太宰治の生家で、記念館の「斜陽館」の一部が崩れるというニュースがあった。東北地方には仙台にしか行ったことがなく、岩手の宮沢賢治記念館や、斜陽館には是非いつか足を運んでみたいと思っていたものだ。近頃の気候には振り回されてばかりで人間の無力を感じるばかりである。



電気をつけない部屋の中に入ってくる斜陽。
建物の間から差す斜陽。
雲の影が通り過ぎる瞬間の斜陽。
世界に跨る斜陽。
私はビルの窓に映る斜陽が好きだ。
東京でビルに飲み込まれていてもビルの窓に映る斜陽に癒しを感じる。
家の近くに川が流れていて、川面にビルの窓が映る。その窓の中に映る光が特に好きだ。美しさにみとれて放心する。



部屋を掃除していたら、友人カメラマン平沼久奈嬢より以前頂いた空の写真を見つけ出した。数年前にひどく落ち込んでいるときに久奈嬢が私に送ってくれた空の写真。斜陽ではなく、真っ当な青。
そらのあおが3月の私に重なってきた。

2004/03/01

ゆめのまち大阪

大阪はおもちゃのような街というイメージがある。
熊本で産まれ育ったので、熊本ののんびりしていて、かつ人道的なところは大好きなのだが、保守的なところにはあまり馴染めず、だからだろうか。大阪の思ったことを形にしてしまう強引なところがとにかくすごく好きだ。
だって、片側7車線だし、高速道路の密接間も漫画みたいだし、梅田の駅前のあの大きな白いヘンテコな歩道橋!


クラフトワークの大阪公演に行ってきた。
すばらしかった。感動。号泣。そして疲労。ものすごいライブを見た後はどっと疲れる。
もうすっかり芸術者として(表現者として)熟してきた貫禄があり、でもやっていることが良い意味で変わらなくて、目で、耳で、体で楽しませてくれた。
私も音楽人として私の表現を日々やり通すことの決意新たに。
クラフトワーク万歳。


せっかくなので、1泊だが存分に大阪(というより梅田)を楽しんできた。
梅田の西洋感漂う素敵なホテルに泊まって、梅田を詮索したのだが、
実は大阪で電車に乗ったのは初めてで(いつもは車での移動なので)、梅田という場所に30分以上滞在したのも初めてで、面白いことばかりだった。
まず、冒頭にもあるが、大阪駅と阪急梅田駅の前にあるあのヘンテコな白い歩道橋、あれはなんだ?歩道橋好きの血が騒ぎ、とにかく登ってみた。
登ってみるとまた血が騒ぐ。場所によって趣きもスタイルもぜんぜん違う。だから何度登っても飽きない。この歩道橋を普段使っていらっしゃる大阪の皆様は不思議に思わないのだろうか?歩道橋って楽しー。
高層ビルが立ち並ぶと思えば、高架下には食堂街が軒をならべ、
長い地下道の壁には不思議でリアルな絵画もあり、キヨスクの店員さんは親切だし、阪急梅田駅から蛍池までの先頭車両からみえる景色もまるでネバーランドのようなゆめの時間(天気も良かったしね。)なんとなく大阪という街にのっかって1枚だけ買ってしまったスクラッチくじも当たり!千円!
大阪って楽しいー。
ゆめの街大阪。
次は4月、バナナホールで会いましょう。