2015/12/30

加速しながら


低速で走り出した2015年、
秋を過ぎた頃からようやく速度あげてきたという感じで、
2016年を迎えようとしています。
今年は本当に人に支えていただいた1年だったと思う。


未知数なことばかりで、
それが苦しかったり、楽しかったり、とーってもコミカル。
「トラウマ」というアルバムをリリースしてから15年。
背伸びばかりでどうやって表現するかということだけが重要だったあの頃から、
誰かのために作る喜びや面白さを知ったこの15年の道程は長いのか、短いのか、
それは人生の終わりにしか分からないのだと思う。


今年最後の1曲は、この曲を。
去年、マリスビルジーイカロスのファッションショー用に作った曲で、
30歳をとうに過ぎた私が歌うにはガーリーすぎて、
かわいこちゃんなボーカルをゲストに迎えようかと随分悩んだ曲でもある。
いつの日かかわいこちゃんに歌ってもらえたらいいな。。


 2015年ありがとうございました。
 素晴らしい2016年でありますように。





 

2015/11/19

15年


宮益坂から青山通り、表参道経由で久しぶりに原宿へ行ったのは先週の事。
表参道をゆっくり歩いたのは何年ぶりだろう。
原宿のとあるショップにどうしても行きたくて、少し遠回りをしてみたのだけど、
心ここに在らず。今の私にはなんだかぼんやりした景色に見えた。
表参道の景色は私の記憶とも知ってる景色とも随分違った。
世界中の人が歩く表参道はまるで外国を歩いているみたいだった。



改めまして、先日の東京でお会いできた皆様、
ありがとうございました。


新しくなった下北の駅に降りたのははじめてだったのだけど、
まったく迷う事なく440へ。私の知ってる記憶と下北の景色は同じだった。
伝えようと思っていた事の半分くらいしかMCで言えなかったけれど、
オープニングに呼んで頂いた事、本当に嬉しく思っています。
2曲程、tokyo pinsalocksのライブにmicro KORGで参加させて頂き、
三浦さんやYANAさんと同じステージでの演奏も緊張感を覚えながらも
久しぶりのバンドサウンドに震えました。
景色も音楽も時代も変わっても、
ちゃんと前に進んでる。
そんな2人がとても眩しかった。
Hisayoちゃん、Naokoちゃん。
15年おめでとう。




△△△



COET COCOEHの新作の取り扱い店はこちらです。
http://moderntempobooks.blogspot.jp/2015/01/blog-post.html