2017/09/19

EPリリースツアー終了しました!





miu mau「記憶とヒロイン」リリースツアー、
9/17の福岡「Fanfare〜記憶とヒロインリリースツアーファイナル」にて終了しました。



miu mauが結成当初から主催してきた「Fanfare」というイベント。今回のツアーのファイナルは11回目の「Fanfare」。そしてアルバムリリース後初のライブでした。
台風の影響は心配だったけれど、様々なミラクルが重なって本当に幸せな夜でした。ネネカートがそれはそれは素晴らしく、音の使い方も、引き算の魅力も全部詰まっていてリハから既に感動していたし、z/nzのライブは音楽を好きな人たちが作っているというのが伝わってくるというか、人間的な魅力もぎゅっと詰まってて格好よかった。DJ emiaixxxの縦横無尽なセンス溢れる選曲に大人たちがどんどん踊り出してもう色々楽しかった。

「色を纏う」という曲にちなんだfanfare仕様のgigiオリジナルカクテル「アンナ・カリーナ」が大人気だったし、みわこちゃんによるステージまわりのデコレーションも可愛かったー。
miu mauでは私も珍しく緊張したけれど、緊張したまま終わってしまうのが嫌だったので、2曲目くらいからとても集中して演奏できたと思います。

悪天候の中集まってくださったみなさま、z/nz、ネネカート、DJ emiaixxx、そして、会場のcafe and bar gigiのみなさま。
本当にありがとうございました。



去年の夏「記憶とヒロイン」を作り始めた頃まで遡って思い出しながら少し深呼吸しています。春から西日本を中心に、東京、高松、熊本、大分、広島、大阪、福岡と続いたけれど、そもそも、このツアー日程が決まり始めた頃に、とても良き出会いがあり思いがけずアルバム「Drawing」も発売する事になり、
なんだか駆け抜けました。。。。

記憶に残る最高のツアーだったし、反省と課題と、たくさんの勇気と、
住んでる街で音楽を続けることの意味みたいなものがより鮮明に感じられるようになりました。





各地で関わってくださったたくさんのみなさま、対バンのみなさま。
遊びにきてくださったみなさま。
みわこちゃん、ひろみちゃん。
音楽愛にあふれる最高の時間をありがとうございました。



EPのリリースツアーはファイナルを迎えたけれど、
9年ぶりのアルバムは発売したばかりです。
今度はアルバムを持っていつの日か行った事の無い場所や東日本にも行ってみたいな。
また近々どこかで逢えるのを楽しみにしています!











2017/07/20

Drawing Release




9年ぶりとなるmiu mauの新しいアルバム[Drawing]の発売が今日からスタートしました。
夕方、高松のタワーレコードさんへ立ち寄ると、ミウマウの新作が並んでいて、発売日を迎えることができ、なんだかほっとした。
お店の方にご挨拶をして、アイスを買って帰宅。珈琲でひっそりと乾杯。
新作を気にかけていただいた皆様、本当にありがとうございます。



今回のアルバムについて少し。
遡ると去年夏。ミウマウ強化週間を設けたっぷりスタジオでリハーサルしたのがちょうど1年前の7月だったと思います。少しの間活動をお休みしていた後だったこともあって、再始動にあたりこれまでのミウマウの雰囲気から表情を少し変えて曲を仕上げたかった。みわこちゃんのタイトなビート、ひろみちゃんのギターがぐわーと鳴る曲をと制作したのが「少ない記憶」そして「色を纏う」でした。歌詞では頭を悩ませたけれど、後日、岩谷君と奈良でレコーディングし仕上がった2曲。SLK SCREENのRemixも一緒に君島さんにマスタリングしていただき、今春リリースしたのが、新しいEP「記憶とヒロイン」です。

そしてこのEPをディレクターの神保さんが聴いてくださったことがきっかけでアルバムの発売が急遽決まりました。本当に思いがけない事だったけれど、EPのリリースツアーと並行しながら、すうっと流れるままにとても自然に今日まで進んできたと思います。バタバタしながらも楽しかった。changmangさんの素敵なイラストのジャケットもいい感じでとても気に入っています。


2011年にリリースした「未来のクラシック」〜  2017年の大人の小躍りがテーマで山中さんい録音していただいた新曲「見知らぬ場所で」。この数年の間に、デジタル配信や人生で初めてのアナログ盤7インチレコード等、様々なリリースがあったけれど、アルバムだけの、またシングルだけのバージョンも楽しんでいただきたくて、「Monochrome」は 英詩+日本語 → 全て日本語詞のアルバムバージョンとして収録しました。



改めて聴いてみると、とってもポップ。
反省と研究を積みながらも歳を重ねるっていい!
あ、これは、個人的な感想ですね。


色んな方のアイデアがこの作品の随所に散りばめられています。
このアルバムを通して日常のどこかに音楽で寄り添うことができたらとてもとても幸せです。



【追伸】
ばたばたと準備を進めたにも関わらず、快くあれこれ引き受けてくださった、エンジニアの岩谷さん、石橋さん、山中さん、maruokaさん、イラストを描いてくださったchangmangさん、アートワークを担当してくださったfulusubeさん。
お力添えに心から感謝申し上げます。







◎ iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/drawing/id1255475771









2017/07/06

7月の音楽


もうすぐmiu mauの2枚目のアルバム「Drawing」が7.19に発売となります。
先にリリースしている「記憶とヒロイン」をディレクターさんが聞いてくださったことがきっかけで、本当に思いがけず急遽の発売決定となりました。過去にデジタルリリースしているシングル曲や、7インチレコードに収録されている曲、そして、未発表曲やリミックスを含む全10曲を収録。タワーレコード、HMV、もちろん各地のレコード屋さんで、さらにデジタル配信もあるので、iTunes、apple musicなど様々な所で手にしていただけると思います。1stアルバムのリリースからなんと、すっかり9年も経っていた!!
個人的には(名義は様々異なれど)アルバムと名の付く9枚目の作品となります。
発売中の「記憶とヒロイン」共々どうぞよろしくお願いいたします。
リリースについてはまた改めて書きますね。




◆リリース情報 ◆VYBE MUSIC / ULTRA-VYBE
http://www.ultra-vybe.co.jp/post/VBCD-0085.html






リリース直前のmiu mau。「記憶とヒロイン」リリースツアーも佳境です。
15日は広島クアトロ。16日は大阪扇町パラダイスへ。広島、大阪のみなさまの気合いがばしばし伝わっております。6月の良い流れを継続しながらさらに良い演奏ができるよう、襟を正してのぞみたいと思います。





3連休の前日、14日金曜日は、Masami Takashima & Hisayo & Mineo Kawasakiのトリオ編成で徳島へ。ダスティン・ウォング&嶺川貴子「Are Euphoria」四国ツアーの初日、徳島編に出演します。ダスティン・ウォング&嶺川貴子さんと共演できるの光栄ですし、5月のライブがあまりに最高だったので、一瞬で演奏が終わってしまい、名残惜しかったので、再び一緒に演奏できる喜び。間違いなく楽しんでいただけると思います。
毎日のように全国各地で演奏しているHisayoちゃんと四国で一緒に演奏できるのとても嬉しい。もちろん、トリオでの演奏は四国初です!






と、いうわけで、14日徳島→15日広島→16日大阪。
とっても濃厚な3日間になりそうです。


9月からはいつものミウマウのペースになりますので、
お近くの方、ぜひぜひ遊びにいらしてください。
各地でお逢いできるのを楽しみにしています!






7/14(金)徳島 bar txalaparta
徳島市富田町2-18 B1
Dustin Wong & Takako Minekawa “Are Euphoria” Japan Tour

・ダスティン・ウォング&嶺川貴子
・Masami Takashima + Hisayo(tokyo pinsalocks) + Mineo Kawasaki(cowbells)
・the circus

OPEN 20:00 / START 20:30
ADV ¥2500 / DOOR ¥3000(+1Drink Order)











7/15(土)広島 CLUB QUATTRO
“SHIN-GEN-CHI”vol.54
PEXPOX WAVYYYVAW

広島市中区本通10−1
OPEN 17:00 / START 18:00
ADV¥2000 / DOOR¥2500 (1+DRINK)

・マクマナマン
・anndoe
・馬だらけ
・天井
・k the musicgirl
・miu mau






7/16(日) 扇町para-dice
ADV 2000 + 1DRINK
OPEN 17:30 / START 18:00

大阪市北区天神橋4-7-30 B1

【beyond】
-act-
・miu mau(福岡・香川)
・awl
・バカがミタカッタ世界。
・矢谷ウメ子
・母の鳴く家
・オオハシ




▶チケットのご予約フォーム
http://twin-ships.com/?page_id=447


▶ライブのご依頼、お問い合わせ先
http://twin-ships.com/?page_id=16